イソフラボンで美しく健康になろう!

イソフラボンで女性が得られる効果

イソフラボンの摂取により得られる効果には色々なものがありますが、女性にとって特に重要な効果は何でしょうか。
この記事ではイソフラボンで女性が得られる主な効果をご紹介します。

■骨の健康維持効果

日本の法律では食品やサプリメントは原則として効果を表示できませんが、特定保健用食品は効果を表示することが認められています。
人のシルエットを丸で囲み、その外側に「消費者庁認可 特定保健用食品」と書いてあるマークがその目印です。
大豆イソフラボンを含む特定保健用食品には大豆の胚芽を含む飲料や大豆水煮があり、「骨の健康に役立つ」という効果が表示されています。
つまりこれらの食品が骨の健康を維持する効果は、科学的に証明され、安全性の審査を受けているということです。

■エストロゲンの作用を調節する

エストロゲンは受容体(レセプター)に結合することで作用を発揮しますが、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに構造が似ているため受容体に結合し、エストロゲンに似た作用を起こします。
エストロゲンが少ない状態ではこのようになりますが、イソフラボンはエストロゲンより作用が弱いため、エストロゲンが多い状態では逆にその作用を弱める結果になります。
つまり、エストロゲンが少ないときは、イソフラボンが受容体と結合することで女性ホルモン様作用が増えますが、エストロゲンが多いときは反対に女性ホルモンの働きを抑えるというように、エストロゲンの作用を調節するのです。

■エストロゲンの作用を調節することによる効果

エストロゲンが少ないと更年期障害になり、のぼせ、ほてり、やる気が起こらないなどの症状が起こります。
しかし、エストロゲンの作用が強すぎても遺伝的素因をもっている方にとっては乳がんや子宮がんの原因になると考えられています。
ですから女性ホルモンの量や作用をちょうどよい程度に調節することが、女性がイソフラボンで得られる効果といえます。

イソフラボンサプリメントのランキングもご覧ください。